コース詳細

進学後もより高いレベルで成長するために必要な力を
Aコース(実技・音楽基礎科目)Bコース(音楽基礎科目のみ)
対象
高校生以上
※既卒者・高認試験合格者含む
※社会人の方も受講可能
回数
音楽基礎科目授業:年20回
実技レッスン:年10回
音楽基礎科目授業:年20回
曜日・時間
火曜日
音楽基礎科目:18:00~20:10
実技レッスン:18:00~20:00
火曜日
音楽基礎科目:18:00~20:10
受講料
年額 243,600円
+ テキスト代 5,000円程度
年額 183,600円
 + テキスト代 5,000円程度
講師
大阪音楽大学教員
大阪音楽大学付属音楽院講師
大阪音楽大学教員
大阪音楽大学付属音楽院講師
内容
音楽基礎科目(ソルフェージュ・楽典・音楽理論)
実技レッスン
音楽史特別講義
音楽基礎科目試験・実技試験
音楽基礎科目(ソルフェージュ・楽典・音楽理論)
音楽史特別講義
音楽基礎科目試験
音楽院特別推薦の対象は Aコースのみです。
音楽基礎科目免除の対象は Aコース・Bコースどちらもです。
※実技レッスンは1クラス5名までのグループレッスンです。

内容

【進学コース】音楽基礎科目
ソルフェージュ楽典を総合的に学びます。

ソルフェージュ
楽譜を読むために必要な能力を養います。
聴音(聴いた曲を正確に楽譜に書き取る)
視唱(楽譜を読み正確に歌う)

楽典
音楽の理論を学び楽譜の読み取り方や書き方を習得します。

音楽を学ぶ上で必要となる音楽史は、年に2回の特別講義で学びます。


音楽院の《音楽基礎科目授業》では、
各クラス10名程度の4つのグレード制をとり、
幅広いレベルに対応しております。

理論の勉強が未経験の方でも、音楽大学受験レベルまで到達することが可能です。


月に1回程度、専攻ごとにグループレッスンを行います。

第一線で活躍する大阪音楽大学の教員が指導を行い、レベルアップを図ります。

また、仲間の演奏を聴いたり、人前で発表したりすることで
お互いに触発し合い、学習の励みにすることを目標としています。


・音楽基礎科目試験(前期・後期)
・副科鍵盤試験(前期・後期)※ピアノ・オルガン専攻を除く
・実技試験(前期・後期)

《実技試験について》
大阪音楽大学ミレニアムホールで実施します。
保護者の方もお聴きいただけます。

受験年度の前期公開実技試験は、音楽院特別推薦認定試験も兼ねています。
進学コース受講生は全員聴講必須です。

スケジュール

2019年度進学コーススケジュール
お申込みの際は
下記の音楽院利用(会員)規約を
必ずご確認ください。