講師紹介

赤松由夏
氏名
赤松 由夏(あかまつ ゆか)
専攻
ヴァイオリン
担当
マンツーマンレッスン

プロフィール

大阪音楽大学音楽学部卒業。同大学大学院修了。東京読売新人演奏会や大阪音楽大学卒業演奏会など、学内外のコンサートに出演。ブラームス、サン・サーンス、モーツァルトの協奏曲をザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団と共演。オーボエの巨匠インゴ・ゴリツキー氏とJ.S.バッハの“オーボエとヴァイオリンの為の協奏曲”を共演。1999年渡英、J・ロシュタイン氏の下で研鑽を積む。これまでに、長谷川孝一、東儀幸、宗倫匡の各氏に師事。西宮音楽協会会員。関西室内楽協会会員。伊丹シティフィル弦楽器トレーナー。弦楽合奏団“ Musica14.8”メンバー。2002年よりザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団コンサート・マスターを務め、本年より関西フィルハーモニー管弦楽団特別客演コンサート・マスターを兼任。
大阪音楽大学特任准教授