さくら夙川校音活ブログ

石橋栄実ソプラノ・リサイタル

こんにちは、まっつんです。

イベント・講座紹介。

今日は、9月1日に開催した「石橋栄実ソプラノ・リサイタル」の様子を少しご紹介します。

午前は0歳から入場いただけるコンサート、午後は大人のかたを対象としたコンサートでした。

院長、ドレスを午前と午後と別のものにするか悩んでいらっしゃいました。

同じにする演奏者も多いですが、今回は午前と午後とドレスを分けてくださいました!

ドレスだけでなく、靴やアクセサリーも必要なので、1着だけでも大荷物になるのです。

演奏者はいつもスーツケースに山盛りの荷物(ドレスと靴とアクセサリーなど)を入れてゴロゴロして持ってこられてます。

楽器の方はそれ以外に楽器を背負って来られます。

電車で移動されると、10日間の旅行ですか?というくらいの荷物の大きさになったり・・・

午前の部〜たのし、なつかし「こどもの歌」〜

午前のコンサートの様子
午前の部では有名なミュージカルのあの曲から始まり、童謡やアニメの曲など45分たっぷりと歌ってくださいました。

童謡をみんなで歌ったり、音楽に合わせてお母さん、お父さんと手遊びをしたり触れ合ったり。

子ども達のために動物の絵を石橋先生ご自身が描いて来てくださいました。

絵を見ながら、何の動物が出てくる歌か考えましたよ。

犬、ヤギ、くま・・・

石橋先生は一児の母。

關口先生は一児の父です。

石橋先生のお子さまも小さな頃から楽器を習われています。

關口先生のお子さまはお父さんが弾くピアノが大好きだそうで、いつもそばで聴いているそうですよ。

小さい頃からすぐ近くで一流の演奏を聞けるというのは、すてきですよね。

午後の部〜石橋栄実ソプラノ・リサイタル〜

午後のコンサートの様子
いつもはオペラを演奏されることも多い石橋先生。

ですが、今回のコンサートは日本の曲ばかりを集めたプログラムでした。

外国語の曲って、そもそも何を歌っているのか字幕がないと分かりませんよね。

だから、私のような素人には間違っていても正直全く分かりません。

ですが、日本語の曲は歌詞が伝わるかどうか、言葉がわかるからこその難しさかな、と思います。

最近のポップスなどは特に、歌い手さんによって、また日本語の切れ目によって、歌詞が載っていないと何と歌っているのか分からないことがありませんか?

ポップスに限らず、クラシックでも日本語なのに聞き取れない、ということが時々あります。

石橋先生の日本語はとっても綺麗で、すべての言葉、歌詞、意味がわかる!!

そして、ひとつひとつの言葉を発するのに気を遣っているのだな、と感じました。

次回のサロンコンサートは10月です

出演者(石橋 栄実・關口 康祐)
今回のサロンコンサートは声楽をお届けしました。

とてもすてきなお二人、またご出演いただけると嬉しいですね。


次回は10月27日に『大島 弥州夫オーボエ・リサイタル』を開催します。

10月のサロンコンサートも、0歳から入場いただける、ご家族で音楽を楽しんでいただける午前の部、そして小学生以上の方を対象とした、上質な音楽を楽しんでいただける午後の部でお届けします。

お申し込みはこちらから。お電話でも受付ております。

それでは、次回もお楽しみに!