さくら夙川校音活ブログ

ピアノレッスン日記<第15回>

こんにちは、まっつんです。

ピアノレッスン日記。

本日は15回目のレッスンの様子をご紹介します。

ここ数回、調子よくレッスンできていますが、今回のレッスンはどうだったでしょうか。

前回、春休み分の大量の宿題をやってくるのを忘れていて、持ち越しとなっていました。

始まってすぐに先生に「やってきた?」と聞かれましたが・・・

典型的な練習して来れなかったパターン

レッスン始まったのに
レッスンが始まってすぐ、「トイレ行く〜」と。

「え〜・・・それはレッスンの前に行っておいてよ〜」と先生。

そして「典型的な練習してないときの行動パターンですね(笑)」と。

”バレてる!!”という彼女の表情・・・笑

そして、前回持ち越しになった宿題も忘れてしまったようで、さらに持ち越しとなりました。

「これは上手にできてたよ」とお母さんに言われてやっと弾き始めました。

練習あまりできなかったと言ってましたが、意外と順調にテクニック練習が進みました。

そして、新しいテクニックの練習。

親指の音はずっと伸ばしておいて、他の指でトントントントンと音を鳴らすというもの。

「新しいことやるからどうかな〜…」と(泣いてしまうんじゃないかと)先生は少し心配していましたが、泣く前にできるようになりました!

泣き真似はしてましたが…笑

こちらこそ

ピアノレッスン15回目
次の曲に進みます。

左手で弾くとき、なぜか傾きがちな彼女。

先生にそれを指摘されると「いやーーーーーーーーーーーーー!!!!!!」とすごい声…

先生「1回1回大変やね〜」

彼女「大変やわ!」

お母さん「いやいや、大変なのこっちやから…」

1音間違えて、イヤイヤ。

ピアノの下にもぐって、イヤイヤ。

出ておいでと言われて、イヤイヤ。

『イヤイヤ期』のようです。笑

先生の2歳のお嬢さんも『イヤイヤ期』だそうで、先生も慣れっこです。

ただ、彼女は小学校1年生です笑

イヤイヤ期?

先生とお話
今日はかなりイヤイヤ言って叫んでいる彼女…

耳が痛くなるくらい大きな声です。

先生が何をいっても「イヤイヤ」

先生「じゃあ何したい?」

彼女「ふんっ」

先生「お話したくないの?もう終わりの時間になるし、お片づけしよっか?」

彼女「うん。」

先生「じゃあ、宿題いっぱいあるから、おうちでお母さんとやってね」

彼女「やだ」

先生「来週またがんばろうね。終わりのご挨拶やろっか。」

彼女「やだーーー」


最後になんとかピアノから出てきてご挨拶しましたが、挨拶のあとまたすぐにピアノの下に行ってしまいました・・・


ここ数回調子よくできていただけに、今回のレッスンとのギャップがすごかった。

「練習してきていない」という引け目のようなものも彼女の中にあるように感じました。

習慣にすること

毎日練習させることって、とっても大変です。

月曜のブログを書いている”なべっち”とも話したことがあるのですが、こどもが自分から練習に取り組むことのほうが稀です。

だからこそ、楽器に触ることが習慣になるように1日5分でも楽器に触る時間を作るようにしないといけないよね、と。

ですが、それが大変。

正直めんどくさくなってしまうことだってあります。

1日5分。

わたしもがんばります・・・

みなさんの時間の作り方、教えてくださいm(__)m