ソルフェージュについて

ソルフェージュってなんだろう??

ソルフェージュって?

ピアノ
音楽を聴いて、
テンションが上がったり、
やる気が出たり


反対に、
悲しみで胸がいっぱいになったり、
気持ちが落ち着いたり…


といった経験をされたことはありますか?

音楽は人々に、
時に言葉以上に、多くを語りかけます。

ソルフェージュとは、「音楽の言葉」。

日本語で会話をするように、
読書をしたり、映画鑑賞をしたりするように、

音楽を自分の言葉にして、
聴いたり、演奏したりできたら、どんなに楽しいでしょう。

ソルフェージュを学び、
音楽の楽しみ方の可能性を拡げましょう!

なぜソルフェージュが必要なの?

筆記
音楽を聴いて、

美しいな、素敵だなと感じる。
悲しみで満たされる。
穏やかな気持ちになる。
etc・・・

それは、なぜでしょうか?

その秘密を解く鍵は、楽譜の中にあります。


つまり・・・
その理由を理解して演奏すれば、
聴き手に、より一層伝わります。

説得力のある演奏をするために、
ソルフェージュは必要不可欠です。
作曲をなさる方も同じです。

音楽の言葉を理解し、
根拠を明確にして、一つ一つの音を書くことで、

より充実した作品に仕上がります。

身につけると、どんないいことがあるの?

楽譜
楽譜に f  (フォルテ) と書いてあるから大きな音で弾こう。

楽譜に ritardando(リタルダンド) と書いてあるからだんだん遅くしよう。

そんな風に演奏していませんか?

なんとなくここを盛り上げたいから f なのかな?
ここでゆっくりしたほうが雰囲気的にいいから rit. なのかな?

そんなことはありません!


勉強すれば、そこが f で書かれている理由が分かります。

ほとんどの音楽は、
気持ちだけではなく、理論に基づいて作曲されており、
だからこそ、人々を惹きつけるのではないでしょうか。

楽譜に書かれていることの必然性を理解すると、
演奏がもっと楽しくなります。

そして、目指すものは・・・

演奏
ソルフェージュを学び、
音楽を紐解き、理解し、それを演奏する。

みんな同じ楽譜を読んでいても、
同じ演奏は1つとしてありません。



音楽の内容を、吸収し、消化する。
そして、自分の中にあるものと一緒に、表現する。

音楽院ソルフェージュでは、
自分で考えて表現することを目指します。

ソルフェージュの授業では何をするの?

ソルフェージュ
音楽の言葉を覚えるので、

・話す(=歌う・弾く)
・読む
・聴く
・書く
・会話(=アンサンブル)


といった練習を行います。


音楽院のソルフェージュは、

・正しい高さとリズムで歌をうたう(視唱)
・演奏されたメロディーや和音を聴き取る
・聴き取った音を、楽譜に正しく書く(聴音)
・楽譜のルール(楽典)を理解する

をメインに、指導を行っています。

指導するのは、大阪音楽大学教員を始めとした、
音楽院ソルフェージュ担当講師です。
講師特集ページはこちらをクリック

伝統のカリキュラムに、
それぞれの講師の個性が加わった、
充実した内容となっています。

視唱

視唱
視唱とは、
楽譜を読み、正しい高さとリズムで歌うことです。

ピアノ伴奏にのせて歌ったり、
ときには伴奏なしで自分だけで歌ったり・・・

初めて見た楽譜を、
ピアノを使わずに、頭の中で理解し、
正しい高さとリズムで歌う。


視唱は、
正しい音の高さを身につけること
リズムを理解すること
楽譜を読み解くこと

を学び、

それを表現する力を、鍛えるものです。

聴音

課題
聴音とは、
演奏されたメロディーや和音を聴き取り、
楽譜に正しく書くことです。

普段当たり前に読んでいる楽譜も、
いざ書くとなると、初めのうちは、
調号と拍子はどっちが先?とか、
シンコペーションってどうやって書くんだっけ?
などと、分からないことが多いと思います。

音を聴いて楽譜に書く訓練をすることで、
正しい音感が身に付く
耳で聴いてリズムを理解できるようになる

といった変化があります。
さらに、

書けるようになることで、
楽譜を読むときに読み易くなる

一つの音をじっくり聴くことで、
一音一音にこだわることができるようになる

長いフレーズを聴いて全体像を捉えることで、
全体を俯瞰して見ることができるようになる。

聴音を学ぶことで、
音楽を学ぶために必要なことを、たくさん吸収できます。

聴音は、
楽譜を書く力、読む力、
音楽の細部に気を配る力、
音楽全体を捉える力を鍛えます。

楽典

楽典
楽典とは、
楽譜のルールのことです。

楽譜を読む上で、知っておくべきことはたくさんあります。

記譜法、リズム、拍子、楽語、
音階、調性、和音、和声・・・


これらを理解しておくと、
楽譜を読むときに、たくさんの発見をすることができます。

教えてもらったとおりに真似するのではなく、
ただただ感情に任せて演奏するのでもなく、

自分の力で、譜面から音楽を読みとり、
そこに自分の想いをのせて、演奏するために、


音楽を学ぶ上で、楽典は、必須科目です。

こども音楽講座「ソルフェージュ」

ソルフェージュ
小学生以上の方を対象としたコースです。

ソルフェージュ初心者の方から、
音楽高校・大学受験まで対応しております。

指導を行うのは、大阪音楽大学教員や、
音楽院の試験に合格したソルフェージュ講師で、
着実に力をつけていただける内容です。

こども音楽講座「プレソルフェージュ」

辻本敦子
現在、年長さん、小学1年生で、
来年度の小学1~2年生を対象とした、
短期集中講座です。

ソルフェージュ」への導入として、
また、小学校のご入学準備として、
楽しみながら学んでいただけます。

今年度は、2016年12月17日開講です!

こども音楽講座「幼児音楽クラス」

幼児音楽クラス
年中さん、年長さんを対象とした講座です。

ゲームをしたり、みんなで遊んだりする中に、
音楽のもっとも大切な、基本の要素が凝縮されています。

幼児音楽のプロによる指導で、楽しさと学びの共存を実現します。

こども音楽講座「おんがくであそぼう1・2・3!」

3歳児
3歳児のお子様を対象にした講座です。

1回完結の講座で、毎回楽しい企画をご用意しております。
音楽を使って楽しむことで、
音楽を好きになっていただくことが目標です。

教養講座「大人のためのソルフェージュ」

鑑賞
大人になって、ソルフェージュを始めたいという方が対象です。
楽典、視唱、聴音を、基礎からしっかり指導いたします。

指導を行うのは、中澤道子先生です。
先生のお人柄が滲み出た楽しい授業は、
受講生の皆様から大人気です。