音楽院スタッフによる講座体験レポート

ポピュラーピアノⅡ
【開講曜日】土曜日
【開講時間】10:00~11:30
【講師】井本 英子(コンポーザーピアニスト、大阪音楽大学講師)

体験受講したスタッフの紹介

受講させていただいたのは、スタッフYです。
クラシックピアノ歴21年で、クラシック音楽漬けの人生を過ごしてきましたが、
ポピュラー音楽を聴くのも大好きで、毎日聴いています。
今回、初めて「クラシック以外のピアノ」に挑戦いたしました。

1回目 2017年4月22日(土)

コードの説明

まず、井本先生が、コードについて説明してくださいました。

ホワイトボードや、先生お手製のプリントを使って勉強し、
コードの種類や、これを使うとどんな効果があるか・・・などなど、
たくさん教えていただきました。

ポピュラーの音、色合い、とにかく、新鮮です!!

これまで、「なんとなくおしゃれな和音」と
感じていた音の、構造が分かり、
おしゃれに聴こえる理由が少しだけ分かりました。

コードを弾く練習

コードを弾いてみる
※写真の掲載は、受講生に許可をいただいています。


さっき習ったコードを、順番に弾いてみます。

先生がコード名をおっしゃって、
受講生がそれを弾く
、ということを繰り返す練習です。

私は「Cm7(シーマイナーセブン)」と聞いて、
どの音を弾けばいいか、頭の中で必死に考えて、
やっと鍵盤を押さえたのに対して、

長年続けていらっしゃる受講生さんたちは、
すぐにアドリブのアレンジも加えながら、楽しく弾いていらっしゃいました!

『雨にぬれても』の練習

その後は、往年の名曲『雨にぬれても』の楽譜をいただき、
初見で弾きました。

楽譜には、メロディーとコード名しか書いていなくて、
慣れないコードに悪戦苦闘(>_<)

右手でメロディーを弾き、
左手でなんとかコードをつかみながら、続けていきます。

そんな中、他の受講生さんたちは、
やっぱり自由なアレンジを加えて、弾いていらっしゃいました!!


井本先生も、受講生と一緒に弾いてくださいます。

先生の演奏を聴いていると、とにかく素敵で!!おしゃれで!!

ただ、どういうコードを弾いているのか?とか
私と同じ楽譜を見て弾いているのに、なぜこんなにおしゃれなのか?とか、

そういうことは分からなくて、

本当に魔法みたいでした(;_:)!!

2回目 2017年5月13日(土)

アドリブに挑戦

説明
前回の続き、『雨にぬれても』です。

今日は、アドリブ(fill.)の入れ方を習いました!
いつ入れたらいいか、どんな音を使ったらいいか、などのお話を聞いて

これまで楽しく聴かせていただいていたポピュラーピアノを
分解するとこういうことなのか!と少し分かりました。

そしていよいよ、私もアドリブを入れて弾いてみました。
が!!

先生に教えていただいた入れ方を真似することで
精一杯でした(>_<)

「自由に」弾くって難しいです・・・。

分担して練習

その後の練習方法は、画期的でした!

3人の受講生が、

1.メロディ担当
2.コード担当
3.アドリブ担当

に分かれて、それぞれ、自分の担当部分だけを弾きます。

1回弾き終わる度に、ローテーションで回り、
全部の担当を経験できます。

私は、初めてのアドリブに苦戦していましたが、
アドリブ担当のときは、アドリブのことだけを考えればいい!ということで、
頭の中に、考える余裕が生まれ、

少しだけ、自分なりに自由にアドリブで弾くことができました。

その後、再び自分で全部弾いてみると!なんと!

前より明らかに弾けるようになっていました!

嬉しかったです(^○^)

『アニー・ローリー』を初見で

2回連続、『雨にぬれても』に取り組みましたが、
今期の講座の課題曲は『アニー・ローリー』とのこと。

先生から、アニー・ローリーの楽譜
(もちろん、メロディとコードのみが書いてある)が配られ、

みんなで一度、弾いてみました。

私は不慣れな為に、書いてあるコードのとおりに弾きましたが、
他のご受講生さんや先生はそうではなく、
どのコードを使うかを、自由に考えていらっしゃいます。

受講生の方々のレベルの高さを肌で感じました。

3回目 2017年5月27日(土)

『アニー・ローリー』をレッスン

今日は『アニー・ローリー』を練習です。

自宅で考えてきた、アレンジを
グランドピアノで弾き、
先生にレッスンしていただきます。

私はアレンジの仕方が分からず、困っていたのですが
先生に「こんなふうにしたい」とイメージをお伝えすると、

「それだったら、こういうのはどう??」
私のイメージにぴったりな音楽を演奏してくださいました。

待ち時間は、個人練習

サンプル画像
※写真の掲載は、受講生に許可をいただいています。


他の受講生がレッスンを受けている間は、
ヘッドホンをつけて、個人練習をしました。

先生からいただいたアドバイスをもとに、
アレンジを考えたり、それを楽譜に書きこんだり、

習ってすぐに、再び取り組むことで、
家で一人で悩んでいたときよりも、練習がぐんぐん進みました!!

4回目 2017年6月10日(土)

今日もレッスン

サンプル画像
今日も『アニー・ローリー』をレッスンしていただきます。

前回と同様に、順番に先生のところに行き、
グランドピアノを弾いて、レッスンを受けました。

先生は私のぎこちない演奏にも
「うんうん!!いいね!!」
「ここ、すっごく綺麗!!」

と、褒めてくださいました。

また、私が
「こんなふうにアレンジしたいけれど、分からないんです」
と、話すと、
「そのイメージ、素敵!!」と言ってくださいました。

すごく、話しやすい、そして弾きやすい雰囲気を、作ってくださいました(;_:)

2回も受けられました

一通り回ると、
「はい、じゃあもう一度○○さ~ん」と呼ばれ、
全員、2回もレッスンを受けられました♪

2回目は、1回目に学んだ事を生かして弾くことで、
より深い内容でレッスンしていただけました(*^。^*)

受講を終えての感想

サンプル画像
※写真の掲載は、受講生に許可をいただいています。


ポピュラーピアノに初めて挑戦する私にとって、
音楽を、自分の弾きたいように自由にアレンジすることは、難しく感じました。
でも、自分の考えを先生にお伝えし、先生にアドバイスをいただいてからは、
今後、アレンジをどのように考えていくか、という方向性が見えてきました。

ピアノ経験は、少ししか無くても問題なく、
それよりも、ピアノを楽しく弾きたい!アレンジができるようになりたい!という思いさえあれば、
あとは先生が、素敵な演奏へと導いてくださるように感じました。