【インタビュー】小坂井悠先生 ~音楽に、支えられている~


スタッフ:今日は、よろしくお願いいたします。

小坂井:よろしくお願いいたします。

幼馴染や母と歩んだ幼少期

小坂井悠
スタッフ:ヴァイオリンを始められたのは、いつですか?

小坂井:小学1年生の時に習い始めました。
仲の良い、同い年の幼馴染が居て、母親同士で「子どもたちに一緒にヴァイオリンを習わせたい」という話になったそうです。
母は宝塚歌劇が好きだったので、宝塚歌劇団のオーケストラ出身の先生に、教えていただきました。
幼馴染とは幼稚園が一緒で、その後も高校まで一緒の学校に通いました。
それから彼女は、ヴァイオリンで相愛大学へ、私は大阪音楽大学へ進学しました。

スタッフ:
小さい頃から一緒に頑張ってきた、素敵な関係ですね。

小坂井:お友達が居たのは良かったと思いますね。
当時の私は、将来ヴァイオリンのお仕事をしたいと強く思っていたわけではなく、自分がヴァイオリンを習っている事そのものが、嬉しかったです。
他の人とはちがう、特別感のようなものがありました。
楽器のシルエットやデザインも可愛いですしね。そういう感覚で、ゆるゆると習っていました。

スタッフ:保護者の方は、お家で教えてくださいましたか?

小坂井:
はい。私の母は音楽経験がありませんでしたが、いつも私と一緒にレッスンに来てその様子を録音し、先生の言葉を手帳にメモし、家に帰るとそのメモをもとに私に教えてくれました。
当時の私は子どもで、母に指導されることに抵抗を感じ、素直に話を聞けなかった時期もありましたが、
今になって振り返ると、小さいうちは練習方法も分かっていなかったので、自分1人ではできなかったと思います。
母娘二人三脚で、支えてくれた母には、本当に感謝しています。

音大での経験

小坂井悠
スタッフ:その後、大阪音楽大学に進学されたんですよね。

小坂井:
母も私も、音大の受験について分かっておらず、知識が無く、何もかもが手さぐりの状態でした。
大阪音大を選んだのは、音楽の単科大学で、たくさんの先生や学生が居る環境で学びたいと思ったからです。
受験を考え始めた時、ある先生を訪ねて行くと「大阪音大を受験したいなら」と、別の先生を紹介していただき、そこから受験に向けて進み始めました。
高校生になると音楽学園(大阪音楽大学付属音楽院の前身)に入り、週2日間ソルフェージュとオーケストラを学び始めました。
それまで私はマイペースに取り組んでいたので、学園で同世代の人たちと出会って、そのレベルの高さにすごく驚いたことを覚えています。

スタッフ:それからは、その方々に追いつこうと、全力で頑張ったということでしょうか?

小坂井:今になって振り返ると、もっと身に付く練習法や勉強法があったと思うので、胸を張って「あの時は頑張った」とは言えませんが、当時は自分なりに、寝る間も惜しんで全力で取り組んでいました。
私の場合、最も成長したのは、大学時代だと思います。
大学の入学式終了後に、「来週の授業でこの曲をします」と、いきなりベートーヴェン≪第九≫全楽章の楽譜を渡されました。
1回生からオーケストラやオペラの授業に参加させていただき、これまでに想像もつかなかったペースで次々と作品に取り組みました。
練習に追われる日々は忙しく大変でしたが、力がついたと思います。

スタッフ:大学時代の1番の思い出を教えてください。

小坂井:「TUTTI(トゥッティ)」という、学生が企画から演奏会の実施まで全てを行う「学生オペラ」があり、そこでインスペクターをしたことです。
インスペクターは、オーケストラ全員の連絡係のようなもので、大勢をまとめるのは大変でしたが、みんなと協力しながら取り組むことができました。

スタッフ:そういった役職に就くと、普段あまり話す機会がない人ともお話することがあったと思いますが、緊張しませんでしたか?

小坂井:緊張しましたが、TUTTIに参加している人はみんな、「公演を成功させたい」という気持ちが一致していると感じていて、
それが前提にあると、話しかけやすかったですし、今でも親友と呼べる音楽仲間と出会えました。

演奏のお仕事

小坂井悠
スタッフ:卒業後はヴァイオリンの先生のお仕事を中心にされているのですか?

小坂井:そうですね。ほとんどが先生のお仕事で、それに加えて演奏のお仕事もしています。
テレビやラジオなどで演奏することもあります。

スタッフ:
テレビですか!?詳しく聞きたいです。(笑)

小坂井:テレビでは、歌手の方の後ろで演奏します。
私は普段からクラシックに限らず、いろいろなジャンルの音楽を聴くので、演奏するのもすごく楽しいです。
大学時代に課題に追われ、次々と譜読みをしたことで、苦手だった初見ができるようになりました。
呼ばれたらすぐに行って演奏できる、というのは、演奏家にとって強みになると思います。

歌心を大切にするレッスン

小坂井悠
スタッフ:ヴァイオリンの先生として、生徒さんに教える際に心がけていることは何ですか。

小坂井:私はヴァイオリンを演奏する為に、「歌心」が重要だと思っているので、生徒さんに、レッスンの中で実際に声に出して歌ってもらうようにしています。
人前で歌うのは、なかなか勇気がいることですが、声に出すことで分かることもあると思っているので、そこは大切にしていますね。
それと、「家では弾けていたのに、レッスンで緊張して弾けない」という事にならないよう、和やかな雰囲気で、リラックスして弾いてもらえるようにしたいと思っています。

スタッフ:先ほど小坂井先生のレッスンを見学させていただいたのですが、生徒さんに「発表会の目標決めた?」と声をかけられていましたね。

小坂井:ええ。子どもたちにお願いして、例えば「客席の一番後ろを見て弾く」など、演奏とは一見かけ離れた目標を立ててもらっています。
本番中に、その目標に集中することで、「弾けるか弾けないか」にとらわれず、気楽に演奏できるのではないかと思っています。

ヴァイオリンをして身に付いたこと

小坂井悠
スタッフ:小坂井先生ご自身は、ヴァイオリンを習ったことでこんなふうに変わった、ということはありますか?

小坂井:ありますね。
音楽をしていると「なぜこの曲はこんなふうに書かれているのだろう?」とか「なぜこんなふうに演奏するのだろう?」とか、たくさんの「なぜ?」が頭に浮かびます。
それを調べたり考えたりすることがとても好きで、繰り返しているうちに、次第に音楽に限らず、日常のいろいろな場面で、そのような考え方をするようになりました。

スタッフ:
子どもさんたちには、ヴァイオリンを通してどんなふうに成長してほしいですか?

小坂井:
音楽をしていると心が豊かになり、また生活に彩りが出ます。
また、音楽は困ったときに支えになってくれます。
キッズレッスンの生徒さんたちには、人生の岐路に立った時に、特技のヴァイオリンが選択肢に上がるくらいにまで、日々頑張って取り組んでいただけると嬉しいです。

自分の世界を広げたい

小坂井悠
スタッフ:先生にとって音楽とはどのようなものですか?

小坂井:私はいつも音楽に癒されていて、そして音楽に支えられています。
自分の中に常に音楽が流れているので、私だけの秘密の箱庭という感覚もあります。
ただ、私は音楽理論があまり得意でなく、それができたらもっと良いのになと思っているので、みなさん本当にソルフェージュや音楽理論を頑張ってください!(笑)
なぜそう思うかと言うと、私はシューベルトとドヴォルザークの作品が大好きなのですが、例えばシューベルトの音楽の中で、ある一瞬、ふっと救われるような、信じられないくらい美しい和音がありますよね。
その部分がどうなっているのか、頭で分かると音楽がもっと楽しくなると思うんです。
小さいうちから勉強していたら、無理なく自然に身に付けられると思うので、みなさまも出来るだけ早く始めていただけると、音楽の世界が広がりますね。

スタッフ:そうですね!ぜひ音楽院で、楽器と一緒にソルフェージュも習っていただきたいです。
ドヴォルザークはどういうところがお好きなのですか?

小坂井:ドヴォルザーク独特の土くささというのでしょうか、それがすごく心に響くんです。
小学1年生の時の発表会で、「新世界」の子ども用にアレンジされたものを弾いて、それからずっと好きです。
大学の卒業演奏会ではコンチェルトを弾きました。
最近はドヴォルザークの出身国チェコにも興味を持っていて、関西チェコスロヴァキア協会に入ってチェコ語を勉強するなど、新しいことに挑戦しています。
学生の頃はヴァイオリンの練習が忙しく、興味の幅を広げることがあまりできませんでしたが、これからは自分の視野を広げるためにいろいろなことをしていきたいと思っています。

スタッフ:
新しいことに挑戦・・・素敵です。私も、いろいろなことを吸収して、深みのある大人になりたいなって思います。

小坂井:これまで先生方に教えていただいたことを、今度は恩返しの気持ちでみなさんにお伝えして、少しでもお役に立てたら嬉しく思います。
そのために今後も、自分の技術を高めたり、知識を増やしたりして、生涯勉強を続けていきたいですね。